読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華の日曜日

毎日19時更新。20代のサラリーマンの投資ブログです。読書と美味しいご飯と株式投資を楽しみに生きています。

夢見たシリーズ 風俗店とバッティングセンター

スポンサーリンク

「今日はありがとうございました。」
「いえいえ、こちらこそ。帰り気をつけてくださいね。」
先方の部長は丁寧な口調で私に伝えた。
 
出張で大阪に来ている。
ここのところ出張は増えているのだが、
大阪に出張で来るのは初めてだ。
 
「ああ、そういえば。」
思い出したかのように、島田は私を呼び止めた。
「kitchenさん、もし今日こちらに泊まるのであれば、この店寄ってみてください。」
ごつごつした手から1枚のカードが手渡された。
 
「これは。」
「kitchenさん、ここのところずっと弊社で打合せだったからお疲れでしょう。
ここのお店は私もよく行くのですが、おすすめでね。疲れ抜いてきてください。」
渡されたのは風俗店のカードだった。
 
受け取ろうか迷う暇もなく、彼は私の手をとり、カードを握らせた。
小さなため息。
相手にも気づかれているだろう。
 
「それでは失礼します。」
エントランスを出ると、すでに大阪の空は真っ赤に染まっていた。
 
 
ホテルに戻り、シャワーを浴びて夕飯を済ませる。
お好み焼き屋で夕飯を済ませた私は、島田から受け取ったカードを確認してみた。
どうやら、この場所から歩いてすぐのようだ。
 
私は腰を上げて、お店の方向へ足を向けた。
歩いているとわかるが、ここは夜の繁華街というところではない。
どちらかというと、小さな街の商店街といったところだ。
いくつかの閉まった店のシャッターがその空気を醸し出している。
 
そうしているうちに、お店の目の前へ着いた。
しかし、どうみても風俗店には見えない。
「カキーン。」
乾いた金属音があたりに響く。
これはどうみても、バッティングセンターだ。
 
「どうしたんだい、あんた。」
後ろから声をかけてきたのは、齢70は超えているであろう老婆だった。
「いえ、実は島田さんという方からカードをいただいたのですが。」
「どれ、見せてごらん。」
老婆はカードを受け取ると、じぃっとそのカードを見つめている。
「ふぅうん、島田さんがこのカードをあんたにねえ。」
「あんた名前は?」
 
「kitchenと言います。」
「覚えにくい名前だね、まあいい。入んな。」
老婆は私の前を抜け、お店の扉を開いた。
「カラン、カラン。」
ベルの音だけがあたりに響いていた。