読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華の日曜日

毎日19時更新。20代のサラリーマンの投資ブログです。読書と美味しいご飯と株式投資を楽しみに生きています。

【短編】さかさまの世界-結-

スポンサーリンク

季節は冬になった。
 
さかさまの世界は、また少年だけのものになった。
 
みやもと先生は学校を辞めた。
 
結婚して旦那さんの住むオーストラリアという国に行くらしい。
 
外で、雪合戦をする同級生をみながら、よしむらは考えた。
 
上着をきていても、寒い。
 
日本海側の冬は厳しいのだ。
 
「1人じゃやっぱりつまらない。」
 
以前は1人でいることに何も思わなかった。
 
だが、みやもと先生と一緒にさかさまの世界にいるうちに2人でいることの楽しさを覚えた。
 
よしむらは考える。
 
「おーい。」
 
遠くから、音の波が届く。
 
「おーい。よしむら。」
 
まただ。
 
よしむらは、鉄棒からおりて、雪の地面に足をついた。
 
「なあ、よしむら、今一緒にかまくら作ってるんだけど、一緒に作らないか?」
 
声をかけてきたのは、よしむらと同じくらいの身長のまつもとだ。
 
「なあ、面白いぜ。かまくら作ったら、みんな集めてその中で弁当食べようと思うんだ。」
 
まつもとの声はよく響く。
 
声を出すと同時に、息が白くなる。
 
「うん、ありがとう。でも、こっちの方が楽しいし。」
 
「でも、お前1人じゃん。鉄棒なんていつでもできるだろ?」
 
「うん、いつでもできるけど、今したいんだ。」
 
「うーんそうか。でもかまくらつくるなんて、今雪が積もってるときにしかできないんだぜ。」
 
よしむらは、鉄棒に体をあずけ、腕組みをした。
 
しばらく腕組みをした。
 
まつもとにとっては、数秒と思えた時間が、よしむらにとっては数時間に思えた。
 
目をパチリとあけたよしむらは、かまくらの方に歩き出す。
 
「おっ、いいね。ついてこいよ。」
 
まつもとは、かまくらに向かって走り出す。
 
いつしか、よしむらも走り出していた。
 
それ以降、よしむらは鉄棒遊びをやめた。
 
鉄棒をすることはあっても、さかさまの世界に行くことはなくなった。
 
今度さかさまの世界に行くのは誰だろう。
 
小学校の鉄棒は、いまも残されている。
 

f:id:kitchen43:20151208191601j:plain