読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華の日曜日

毎日19時更新。20代のサラリーマンの投資ブログです。読書と美味しいご飯と株式投資を楽しみに生きています。

【華の日曜日】テスラのモデルSに試乗してきた

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは。
先週の日曜日は名古屋に行ってきました。
会社の同期とテスラモデルSに試乗してきましたので、
そちらのレポになります。
 

試乗場所はヒルトン名古屋

日曜日は曇りで、試乗するにはイマイチなお天気。
僕はクルマで名古屋へと向かいました。
それにしても、ヒルトン名古屋で試乗とはビックリ。
高級ホテルに行ったことがないので、ある意味ドキドキでした。
あとで調べたんですが、ヒルトン名古屋って一泊2万円くらいかららしいです。
いつかこんなホテル泊まる日が来るのかな?
 
ホテルに着くと、なんかすごい恰好した人がいる!
と驚きましたが、ホテルマンの方でした。
ご無礼をお許しください、なにせ田舎者なもので笑
 
 

待ち合わせ場所に現れないスタッフ

到着して同期と合流。
うまい焼肉の話で盛り上がる2人。
ホテルのエントランスに響く焼肉の話。
その場にいた皆様大変失礼いたしました。以後気を付けます。
気が付くと、試乗の時間に。
しかしスタッフが中々現れない。
仕方なくホテルのエントランスを出て探してみると
「いたー!」
いました、しかもポツンとたっている。
「もしかして、ご予約のお客様ですか?」
もしかして、そうです。
このあたり、テスラスタッフの接客力はまだまだなのかなあと思いました。
 

テスラモーターズについて

クルマについて詳しい方はご存じの方が多いと思いますが、念のために紹介を。
設立は2003年。
電気自動車を開発・製造・販売している米国のメーカーになります。
イーロンマスク氏が代表取締役
詳しくはこちらから
 

フランク

試乗する前に免許の確認。
残念ながら、僕は免許をとってまだ2年未満だったので
今回はハンドルは握れないようです。(残念)
なぜ2年未満なのかは謎ですが。
そして、乗る前に試乗する『モデルS』について紹介。
驚いたのは、フードをあけるとそこにエンジンがないこと。
まあ電気自動車はバッテリーで動くので当たり前なのですが。。。
でも、フードを開けてそこに荷物が入るというのは斬新。
フランクという名前らしい。

f:id:kitchen43:20151203123607p:plain

 
 

タッチスクリーンで操作

車高が低くなっているので、やや乗りにくい。
スポーツカーに乗ったことがある人は分かると思いますが、
あんな感じです(説明が雑ですみません)
さらにドアはタッチ式で開閉可能となっていました。
また、発進前のクルマの設定はすべて17インチのタッチスクリーン
設定が可能になっていました。
あんなデカいタッチスクリーンはみたことなくて、感度もよく
慣れてしまえばなかなか元のクルマ操作に戻るのは難しいのかなと感じました。

f:id:kitchen43:20151203122907j:plain

 

加速がピカイチ

そして、いよいよ発進。
スムーズな走り出し。
スタッフの方とも談笑しながらドライブを楽しむ。
その流れでモデルSの魅力について。
「このクルマ、加速だけならすべてのクルマの中でトップだと思いますね。」
「ほう、見せてもらおうか。モデルSの加速とやらを。」(←言ってません)
「モデルS加速いきまーす。」(←これも言ってません)
 
ビュン!
 
時速10キロから、3秒くらいで一気に時速80キロへ。
ジェットコースターの急発進のような感覚。
確かにこれは加速だけなら、すべてのクルマの中でNO.1かなと思いました。
 

日本ではまだ500台もない

スタッフの方、同期と談笑しながら30分程度のドライブは終了。
写真を撮っていただき、無事試乗は終了しました。
スタッフの方曰く
「まだまだ日本は台数は少ない。世界で3万5000台くらい保有している人がいますが、
日本はまだ500台にも満たない。」
 

 

とのこと。
愛知県だけだと100台満たないようです。
どうやら、日本はFCV(水素自動車)を押しているらしく、
EV(電気自動車)にかかる税金などは冷遇されているとのことでした。
(まあ本当か分かりませんが)
ちなみに、充電できる箇所は家庭orステラの充電所。
フル充電でして市街地走行で430キロくらい走れるみたいです。
インフラの発達がないと今後普及するのは難しいでしょうね。

f:id:kitchen43:20151203122913j:plain

 

さいごに

テスラは全国様々なところで試乗会をやっているみたいです。
ホームページから申し込みもできます。
動画も載せておきますので、興味がある方は是非乗ってみてくださいね。